各世代のiPhoneの特徴について
世代ごとに見られるiPhoneの特徴を紹介します。
初代性能
初代iPhoneは回線速度が2Gだったため、今のスマートフォンのようにサクサクとネットサーフィンが出来る機種ではありませんでした。しかし、その当時のスマートフォンのネットサーフィン能力があまりにも低かったため、当時はネットサーフィンをするならiPhoneという評価が高かったのです。それはiPhone自体の性能が高かったということもありますが、当時のウェブサイトが今のウェブサイトよりも軽かったということも理由として挙げられます。
また、アプリの存在についても注目されることがあります。初代iPhoneはアプリを自由にインストールするのが難しかったです。App Storeがまだ実装されていなかったということもあり、多くの人は初期設定のままiPhoneを利用していました。しかし、アプリを沢山入れていなかったということがiPhoneに負担をかけなかったため、あまり不満が起こらなかったという側面があります。
つまり、 iPhoneが初めて発売された当時、スマートフォンに期待されているスペックというのがそれほど高くなかったということが分かります。むしろ、今のスマートフォンに期待される高いスペックという概念を作っていったのがiPhoneだということが出来るのです。そして、その概念は今もiPhoneに継承されています。